新型コロナウイルスの影響で客足が遠のくオンワード

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、7つの都府県に緊急事態宣言が発令され、営業を自粛する店舗が増えています。 オンワードが販売する店舗は休業を要請する施設リストには含まれていませんが、外出自粛の措置が取られているため、客足が遠のいたこと、そしてネット通販の拡大も売上減少の要因のひとつになっています。

2020年2月期の決算で30億円の赤字

オンワードが700もの店舗閉鎖を決断したのは、販売不振によるものです。 2020年2月の決算では売上高が2482億円で前年比に対して3%増だったものの、消費税の増税や災害などの影響から販売が低迷し、営業利益は30億の赤字となりました。今後は採算が取れない店舗を閉鎖しネットでの販売を強化する見込みです。

EC事業は好調のオンワード

オンワードでは直営のECサイトを運営しておりEC事業の売上は255億円と好調です。公式アプリは43.5万ダウンロードを達成し、売上255億円に対して前年比30.6%増を記録しました。また、アプリを経由した売上は14.7億円という高い結果を残しています。 オンワードでは実店舗を閉鎖しますが、EC事業を継続しネット通販事業を強化していく方針です。