助長とは

「助長」という言葉は、「助長する」や「○○助長」など私たちの生活のさまざまな場面で耳にします。今回はこの「助長」に関する解説を行います。 この「助長」は、意外な所から言葉の由来が来ています。よく使われる言葉だからこそそうした由来なども丁寧に理解したいものです。序盤は「助長」の意味や由来を解説します。

助長の読み方は「じょちょう」

「助長」の読みは「じょちょう」です。「助」「長」の二文字とも音読みしています。 この熟語の構成は、下の「長」という字が上の「助」という字の目的語や補語になる形です。「長」のために「助」をする、というものです。 後述しますがこの言葉は中国から来たものであることからも音読みである為、「じょなが」などとは読みません。

助長の意味①「成長や発達に力を貸すこと」

「助長」の1つめの意味を解説します。さまざまなものや事柄に対して、現時点よりも成長するように、またはより発達、発展するように力を貸すことを指します。 また、成長と言うとポジティブなイメージがありますが、ネガティブな事柄に力を貸したり、手助けをしたりすることも指します。例えば「犯行を助長した」などの意味でも使われます。 つまり手助けの対象は人だけではなく、動物や生物、能力、事実、事態など善悪問わず全てのものです。

助長の意味②「不要な助力により害を与えてしまうこと」

「助長」の2つめの意味を解説します。これも1つめと同じでさまざまなものや事柄に対するものです。少しネガティブなイメージがある表現になります。 意味として異なるのは、放っておけば自然と良い方へ成長していくのに、必要のない手助けをすることでかえって害を与えてしまうことを意味する点です。 急がば回れの対義語のようなもので、焦って良い結果を求めて力を貸すことにより、思わぬ結果を招いてしまうということです。