「no way」の意味は「ありえない」、「決して〜ない」

(画像:Unsplash

「no way」は「ありえない」「決して〜ない」という強い否定を表すスラングです。ただ「No.」と言うよりも「No way!」と言う方がこなれているように聞こえませんか?主に口語で使われるフレーズなので、ルールを細かく気にする必要はありません。 ここではそんな、簡単にマスターでき、また使うことができるとネイティブに一歩近づける表現"no way"について説明します。

「no way」の正しい使い方と例文

(画像:Unsplash

「no way」は単体で、口語の返事として使われることがほとんどです。日常会話でしばしば登場し、意識すると映画や歌詞、テレビドラマなどでもよく耳にするフレーズです。 例文と一緒にその使い方を見てみましょう。

「no way」を文章で使う

「no way」が文章で使われるのは、「〜する方法がない」「〜する道はない」と言いたい場合です。 ・There was just no way we could work with her. (彼女と働くことは不可能だった。) というように、「〜する方法がない」=「不可能」「ありえない」という意味を表します。 また、「not」の強調として使うこともできます。 ・They no way deserved to lose that game. (彼らはあの試合に負けるはずなかったのに。) 「did not」の代わりに「no way」を入れて「本当にありえない」「信じられない」というニュアンスを出しています。

「no way」を会話で使う

「no way」は会話で使うことができるようになると便利な表現です。「絶対嫌だ」と否定したい時だけでなく、「ありえないほどすごい」「感動した」「信じられない」という意味で使うこともできます。 ・"Can I borrow your car,my dear?"  "No way!" (「ねえねえ、車借りてもいい?」「絶対ダメ!」) ・"I've got a promotion."  "No way! Congratulation!" (「昇進したよ。」「まじで?!おめでとう!」)  このように、感情を豊かに表現することができるフレーズです。