中国政府の企業活動の休止命令

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために中国政府は1月30日までの予定だった春節(旧正月)の連休を9日まで延期して企業活動も休止するよう命令を出していました。これによって企業にはどのような影響があるのでしょうか。

春節の始まりから2/10まで続いた

中国では1月24日から始まった旧正月の春節ですが、新型コロナウィルスによる感染により中国政府は春節の連休を9日まで拡大し、企業の営業活動などの休止を命じていました。 春節の連休は当初1月30日までと予定されていました。しかし中国政府は感染の拡大を防ぐために2月2日まで延長し、さらに9日まで再延長しました。 多くの企業は10日から活動を再開するとみられますが、人や物資がそろわなければ全面的な再開は難しいとされています。

中国企業は苦境に陥る

長期にわたる活動の休止を強いられた中国の企業の中には正常な営業活動ができるまでの体力が持たない企業もあると見られています。 北京市に営業する有名カラオケ店では破産手続きをせざるを得なくなり、200人ほどの従業員に通告したとされています。 995社の中小企業に対して行われた清華大学と北京大学の調査では、手持ちの現金で会社をどれだけ維持できるかを聞いたところ1カ月以内との回答が34%、3カ月以下が85%とされています。