新潟小2女児殺害事件で死刑求刑

新潟小2女児殺害事件とは

  • 2018年5月に新潟市内の線路で小学2年生女児の死体が発見された
  • 犯人の逮捕後、死体に性的暴行を行われていたことが判明した
  • 犯人に反省の色は薄く、死刑が求刑されている

新潟小2女児殺害事件の極悪卑劣な犯行

2018年5月7日新潟県新潟市西区の線路上で小学2年生女児の死体が発見されました。事件発生の1週間後犯人として小林遼(こばやしはるか)被告(当時は容疑者)が逮捕されました。 小林遼被告は被害者女児を殺害後、性的被害などを加えたと見られています。

小学2年生の女児に車で衝突

小林遼被告は7日午後3時過ぎ、被害者の女児が下校途中で友人らと別れた隙を狙って連れ去られたものと見られています。 小林遼被告は車で走行中被害者の女児に衝突してしまい、動揺してしまいそのまま女児の首を絞め気絶させ連れ去り、わいせつ行為を行いました。 事件発覚を恐れた小林遼被告は女児を殺害し遺体をバラバラにした上で線路上に遺棄し飛び込み自殺のように見せかけたとされています。 小林遼被告は一連の事件の計画性やわいせつ行為に関して否認を行っていました。

強制わいせつなど様々な罪に問われていた

小林遼被告は以下の罪状に問われています。 ・殺人罪 ・死体遺棄罪 ・死体損壊罪 ・強制わいせつ致死罪 ・わいせつ目的略取罪 ・電汽車往来危険罪 ・児童売春 ・児童ポルノ禁止法違反 遺族は悲痛な悲しみを訴え、一貫して死刑判決を求めてきました。