「息を呑む」の意味「驚きや感動で圧倒され息を止める」

(画像:Unsplash

「息を呑む」は「いきをのむ」と読み、驚きや感動など強い感情が呼び起こされたことで衝撃を受け、思わず息を止めてしまう様子を表します。「息を呑む」という表現を使うことで、ただ「驚いた」「感動した」と伝えるよりも、相手に強い印象を残せるでしょう。 また、「息を呑む」は息が止まる一瞬だけでなく、その後緊迫した雰囲気で状況を見守る状態も暗示します。 「息を呑む」は驚いた瞬間に人間が一瞬息を吸い込み、呑み込んでしまうことから生まれた言葉です。体感的にもイメージしやすいのではないでしょうか。 息を呑むが使われる場面は、特に限定されていません。恐れや驚き、危険の予感などマイナスの感情に対して使われることもあれば、あまりの美しさや感動などプラスの感情に対して使われることもあります。

「息を呑む」の使い方と例文

(画像:Unsplash

ここまで、「息を呑む」の基本的な意味について説明しました。続いて、「息を呑む」の使い方や例文、漢字の意味について詳しく解説します。 「息を呑む」という言葉を使える場面は意外と多いので、いくつかのパターンに分けてご紹介します。

「息を呑む」の使い方

まず、突然のできごとに対する驚きやとっさの反応を表すときに「息を呑む」を用います。意外な人物に出会ったときや、相手の人柄からして意外な行動を目にしたときなど、人間に対して使っても問題ありません。 次に、展開が読めずにハラハラするときや、緊張しながら見守っている場合にも「息を呑む」という言葉を使います。 最後に、自然や芸術に対して深く感動したときにも「息を呑む」という言葉を使うことができます。「息を呑む」と表現することで、雄大な自然やすばらしい景色に対して、思わず言葉を失う様子が伝わるでしょう。容姿の美しさや洗練された動作・仕草に対して「息を呑む」と表現することもできます。

「息を飲む」は誤りで「息を呑む」が正しい

「息を呑む」を「息を飲む」と表現するのはよくある間違いです。 一般的に「飲む」は液状の飲み物に対して使われ、「呑む」は個体・お酒のほか、比喩的表現にも使われます。お酒は「飲む」「呑む」のどちらも使われ、どちらも誤りではありません。 しかし、「息を呑む」「要求を呑む」「固唾を呑む」などの比喩的な表現では、「呑む」を使うようにしましょう。