シェアとは

(画像:Unsplash

シェアは経済用語として使用される他、役立つ情報や価値のある財産を特定の仲間同士で共有する場合に用いることができる言葉です。 シェアの意味や由来についてご紹介します。

シェアの意味は「市場での占有率」

シェアは経済用語として使用される場合、その意味は「市場での占有率」を指します。 市場とは売りたい商品を買ってくれそうな相手のいる国や地域、都市など、ある程度の規模の需要が期待できるエリアのことです。 専有率とは、ライバルとの競争上の優位性を数字で示すもので、ライバルが存在せず、市場を独占している場合は100%です。専有率が高いほど、会社はライバルとの競争において優位な地位と言えます。

英語のshareに由来する

シェアは英語のshareに由来する言葉で、自動詞でも他動詞でも使うことができる動詞です。 shareは特定財産などを共有するという意味の他、責任を共に負担する意味を表す際にも用います。 シェアを経済用語として使用される場合、市場という特定の需要が期待できるエリアやエリアにいる顧客を自社と自社以外のライバル全社が一定の割合で切り分けた分け前という意味が含まれます。

経済用語としてのシェアの使い方

(画像:Unsplash

経済用語としてのシェアの使い方について、例文を使ってケースごとに解説します。