テレワークで活躍するSkypeを使った電話会議

1分でわかる記事の要点

  • Skypeはマイクロソフトの電話会議ツール
  • 会議の参加者間で画面共有が可能
  • チャットでのファイル送信も可能

Skypeはマイクロソフト社の電話会議ツールです。会議に役立つ画面共有機能やチャットでのファイル送信機能もあり、多くの企業が遠隔会議に取り入れています。 今回は新型コロナによるテレワークで再び注目を集めるようになったSkypeの使い方について説明します。

マイクロソフトの電話会議ツール

Skypeはマイクロソフトの電話会議ツールです。インターネットを利用するため、Skype同士の会話では電話代がかかりません。ただし、固定電話につなぐ場合には別途料金が必要です。 遅い回線であっても音質や画質がよく、世界中の多くの人から支持を得ています。ビジネス用途向けに「Skype for business」もあり、一度に250人が会議に参加できるとともに(通常のSkypeは20人まで)セキュリティレベルも上がるのが特徴です。

テレビ電話や画面を共有しての会議が可能

Skypeは音声電話だけでなく、テレビ電話としても利用できます。相手の顔を見ながら会議ができたり、デモンストレーションなどを見せることができる点で非常に便利な機能です。 また、パソコンの画面を共有することも可能です。パソコン上で手順を説明したり、パワーポイントを見せながらプレゼンをしたりすることもでき、Skypeの登場によって会議のために集まる頻度が減った人も決してめずらしくありません。