名古屋アベック殺人事件の概要

「名古屋アベック殺人事件」とは、1988年2月23〜25日に起きた殺人・集団強姦事件です。地名を取り「大高緑地公園アベック殺人事件」と呼ぶこともあります。被害者は男女のアベックでした。 犯人は少年4人と少女2人の子供達で、そのうち5人が未成年ということもあり世間を騒然とさせました。6人の少年少女たちは2日間かけアベックを強姦・殺害したのです。

被害者は男女のアベック

「名古屋アベック殺人事件」で殺されたのは事件の名前の通り男女のアベックです。被害者の男性は美容師、女性は美容師見習いでした。 美容師見習いの女性は事件の当日家族に「女友達のところに行く。」といって、父親の車(トヨタ・チェイサー)に乗って美容師の男性に会いに行きました。 しかしその後女性から全く連絡が取れなくなり、不審に思った親族が警察に届け出を出したことから事件が発覚しました。

犯人は男女6人の少年たち

この事件が大きく注目された理由が、加害者が未成年だったことです。犯人は男女6人の少年と少女であり、未成年が強姦・殺人という事件を起こしたことに世間は騒然としました。 リーダー格の少年Aは19歳、副リーダー格の少年Bは17歳、唯一の成人男性である少年Cも20歳になったばかりとほとんど未成年と変わりません。 残りの少年Dは19歳、少女Eは17歳、少女Fは18歳という若さにただただ驚くばかりです。