膾炙(かいしゃ)の意味は「広く世の中の人々に知れ渡ること」

膾炙の意味(画像:Unsplash

「膾炙」は日常的に使う言葉ではありませんが、「人口に膾炙する」というよく知られたことわざがあり、ニュースサイトなどで見られることが多い言葉です。 「膾炙」は「かいしゃ」と読みます。それぞれの漢字は「膾」は音読みでは「カイ」、訓読みでは「なます」、「炙」は音読みでは「シャ」「セキ」、訓読みでは「あぶる」と読みます。つまり「かいしゃ」という読み方はそれぞれの漢字の音読みを合わせたものです。 意味は「広く世の中の人々に知れ渡ること」ですが、この意味は「膾炙」という言葉の由来を理解すると分かります。

膾炙の語源

膾炙の語源(画像:Unsplash

前の見出しでお伝えしたとおり、「膾炙」の意味は言葉の由来を理解すると分かりやすくなります。 「膾」の意味は「なます」です。「なます」とは動物の肉や魚肉を細かく切って、調味料と合わせた食べ物のことです。一方で「炙」は「あぶる」「あぶったもの」という意味があり、こちらも肉などを炙った食べ物のことを意味します。 つまり、「膾」「炙」はどちらも食べ物なのですが、どちらも一般庶民に好まれてよく口にされるものであることから、「よく口にする=よく話題になる」となり「広く知れ渡る」という意味になりました。

膾炙の使い方と例文

膾炙の使い方と例文(画像:Unsplash

「膾炙」は言葉の成り立ちを理解すれば、「よく口にする=よく話題になる」という意味がわかったと思います。 次は「膾炙」を使った例文を紹介します。基本的な使い方に加えて「人口に膾炙する」という慣用句についても紹介しますので、正しく使えるようになるためにしっかりと読んでみてください。

膾炙する

まずは「膾炙する」という、最も簡単な表現です。 ・テレビのニュース番組に取り上げられたことで、彼は膾炙することになった。 「膾炙する」は「広く世の中の人々に知れ渡る」という意味です。「膾炙」の意味が理解できていれば、それを動詞として使えば「広く世の中の人々に知れ渡る」という意味になります。 例文は「テレビのニュース番組」という発信力が大きいメディアに取り上げられたことで、「彼が世の中によく知られるようになった」ということが表現されています。