中学受験の塾はいつから

「中学受験のために塾はいつから通うべきか」、この問いに対する正解はありません。中学受験といっても受験校により難易度が違いますし、何より個人の学力や家庭環境等により事情が異なります。 従来は5年や6年の高学年から塾に通わせる家庭が多く見られましたが、最近では徐々に塾通いの低学年化が進んでいるといわれています。塾通いの時期の基準や大まかな考え方はどういったものなのでしょうか。

小学3年生からが増えている

近年では徐々に塾通いの低学年化が進んでいるといわれています。従来は小学校高学年が主流でしたが最近は小学3年生から塾に通う子どもが多くなっています。 その背景には小学3年生になると学校生活に慣れてくることや学習内容が少し難しくなるといった事情もありますが、進学塾では一般的に3年生の2月から中学受験のカリキュラムがスタートすることがあげられます。 また新しい学習指導要領では小学3年生から英語に親しむ学習が始まり、塾通いの必要性を感じる家庭が増えているのも理由の一つでしょう。

小学5年生は遅いのか?

では小学5年生からでの塾通いでは遅いのでしょうか。塾通いが早いほうが受験を行う上で有利であるという見解があります。 ただし長く勉強していればそれだけ有利であるとは一概にはいいきれません。5年生から通い始めても受験まで1年半以上の準備期間は確保できます。また早く通い始めたとしても途中でやる気を失ってしまっては意味がありません。 大事なのはいつから通い始めるかということよりも、本人のやる気と塾の指導方法がマッチして、受験までに合格に必要な学力が確保できるかどうかです。これらがうまく噛み合えば5年からでも遅くはありません。