自宅の浴槽で家政婦が発見

11日の未明、野村克也さんは東京都世田谷区にある自宅の浴槽でぐったりと倒れているところを家政婦に発見され、心肺停止の状態で救急搬送されましたが、虚血性心不全のため亡くなりました。84歳でした。 野村克也さんは1935年6月29日生まれ。京都府網野町出身で、1954年にテスト生として南海ホークスに入団した後、1965年に戦後初の三冠王に輝くなど「打ってよし、守ってよし」の名選手として活躍しました。

2017年に妻・野村沙知代さんが死去

野村克也さんは2017年に長年連れ添った妻・野村沙知代さんに先立たれています。野村沙知代さんとはおしどり夫婦としても知られていました。 野村克也さんは生前に妻の野村沙知代さんについて、「現役時代のスランプの時や、引退後の苦しい時期に支えになってくれた」と語っています。 野村沙知代さんはその強烈なキャラクターで人気を博し、「サッチー」の愛称で呼ばれバラエティー番組などで活躍しました。

選手としても指導者としても活躍した野村克也さん

野村克也さんのプロ野球人生は、1954年に南海のテスト生としてから始まります。一軍では歴代2位となる本塁打657本を含め、2901安打、1988打点とバッターとして活躍したほか、名キャッチャーとしてベストナインを19回受賞しています。 1970年から1977年まで南海で監督兼任選手となり、ヤクルト、阪神、楽天では専任監督として采配を振るい、ヤクルトを日本一に導きました。