感謝の英語表現

日本語では「感謝」という表現はこの単語一つですが、英語で「感謝」を表現する場合はいくつかの単語からどの表現を使うかを考えなければいけません。 ここでは様々な「感謝」の英語表現を紹介しますが、まずは「感謝」に関する基本的な3つの英単語の意味や使い方を理解しておきましょう。

thank

「感謝」の最も基本的な英語表現は「thank」です。 ・Thank you for your help. (助けていただいてありがとうございます。) 例文のように「Thank A for B」で「A(人)にB(のことについて)感謝する、お礼をする」という意味になります。「thank」の語源は「think(考える)」と同じです。つまり、「あなたのことを思っている」「あなたからの施しを忘れない」という意味から、「感謝する」という訳になっています。

grateful

「grateful」は「感謝している」「ありがたく思っている」という意味で、「thank you」よりも丁寧な表現になります。 ・I sent a grateful letter to him. (彼に感謝の手紙を送った。) 「grateful」は「親切にしてくれた人への感謝」という意味です。使い方は「grateful to 人(人に感謝する)」「grateful for 行為(行為をありがたく思う)」「grateful that〜(〜ということに感謝する)」となります。

appreciate

「appreciate」は「感謝している」「ありがたく思っている」という動詞で、こちらも「thank you」より丁寧な表現です。 ・I appreciate your kindness. (親切にして頂き、感謝しております。) 「appreciate」には「〜の価値を認める」という意味があります。つまり、「あなたがしてくれたことに大きな価値を感じています」という意味になります。何に対して感謝しているかを表現する時は、前置詞は使わず「appreciate〜(〜に感謝している)」と表現します。