1株あたり12,900円の買い付けで最大1477億円ほどか

HOYAの代表取締役CEO(最高経営責任者)の鈴木洋(ひろし)氏は、同社のホームページ上で、最大1477億円(1株12,900円)での買い付けを行うとしています。 東芝Gの1株11,900円よりも1,000円高での買い付けであり、3社にとってメリットがあると強調しています。 TOBにおける買付予定数の下限は7,634,000株(66.67%)と設定しています。2019年11月13日現在で、ニューフレアテクノロジー株6,000,100株(52.40%)を保有する東芝Gが応募することをTOBの条件としています。

ニューフレアは現在東芝の子会社

ニューフレアテクノロジーは現在東芝Gの子会社で、2019年11月13日現在、取締役会10名のうち1 名が東芝Gの役職を兼務し、6名が東芝Gから転籍しており殆どの役職員が東芝Gと関係する人事となっています。 東芝GのTOBは、ニューフレアテクノロジーを完全子会社化することが目的であり、ニューフレアテクノロジー側もこれに同意しています。 東芝Gとニューフレアテクノロジーの資本関係は東芝Gが同社の株式10,000株(12.50%)を引き受けたことから始まり現在に至っています。

ニューフレアは東芝の完全子会社化へTOB最中

東芝はニューフレアテクノロジーの完全子会社化に向けTOBの最中です。ニューフレアテクノロジーの株式はこのところ11,000円後半で推移していましたが、このTOB発表を受けて12月12日現在は13,000円前半まで急騰しています。