1分でわかる免田事件

免田事件

  • 我が国で初めて死刑判決が再審で覆った冤罪事件
  • 警察は拷問を加えるなどして自白を強要した
  • 無罪確定後多額の刑事保証金が支払われた

免田事件の概要

免田事件は我が国で初めて死刑判決が再審の結果覆った冤罪(えんざい)事件です。我が国の四大死刑冤罪事件として、財田川事件、松山事件、島田事件と並んで有名な事件です。 1948年熊本県人吉市で祈祷師(きとうし)夫妻が殺害される強盗殺人事件で当時23歳の免田さんが犯人と疑われ別件逮捕され、拷問と脅迫によって自白を強要されました。 免田さんはアリバイを主張しましたが、警察はこのアリバイの証言を歪曲しただけでなく、重要な証拠品の廃棄も行いました。 また、当時免田さんに対する多額の保証金も話題になりました。

祈祷師の夫婦が殺害され娘も負傷した

事件は1948年12月30日の3時頃発生しました。熊本県人吉市に住む76歳と52歳の祈祷師夫妻が殺害され、現金が盗まれました。 同居していた14歳と12歳の祈祷師の娘も同時に重傷を負わされました。 現場検証の結果、事件は1948年12月29日の深夜から30日3時の間に起きたとされ、熊本県免田町在住の当時23歳の「免田栄(めんださかえ)」さんが犯人として疑われました。

免田栄が玄米を窃盗した別事件で逮捕された

1949年1月13日免田栄さんは玄米を盗んだとして窃盗容疑で別件逮捕されました。 そして3日後の16日には殺人容疑で再逮捕されました。免田栄さんの自白を根拠とした再逮捕でした。 些細な罪で別件逮捕し自白を強要して殺人罪で再逮捕するという、最も冤罪事件を生みやすいパターンでした。