2019年11月に薬物を所持していた罪

沢尻エリカ被告は2019年11月に東京都目黒区の自宅マンションにおいて合成麻薬のMDMAやLSDの違法薬物を所持していた罪に問われています。 裁判官から起訴内容について間違いないか確認されると、沢尻エリカ被告は「間違いありません。」と認めました。 沢尻エリカ被告は上下黒のパンツスーツに白いシャツのボタンを上まで止め、黒髪を後ろで結びキリリとした表情で落ち着いていました。

懲役1年6ヶ月を求刑

検察側は19歳のころから違法薬物を使用しており常習性があるとして、懲役1年6ヶ月を求刑しました。 沢尻エリカ被告も10年以上前からMDMAやLSDの他に大麻やコカインを使用していたことを認めています。 19歳のころの2005年といえば映画「パッチギ」や初主演テレビドラマ「1リットルの涙」で演技が高く評価され、数々の映画賞や新人賞を受賞した年でした。

女優復帰は「考えていない」

沢尻エリカ被告は被告人質問で「今後の女優復帰については考えてない。」と語りました。沢尻エリカ被告や担当の医師は公判でどのような供述をしたのでしょうか。詳しく見ていきましょう。