発言を撤回する

自分の発言を撤回する時にも「withdraw」を使うことができます。主に以下の例文のような形で用いられます。 ・I withdraw my remarks about the economic situation. (私は経済状況についての発言を撤回する。) 「withdraw A's remarks about B」で「BについてのAの発言を撤回する」と訳すことができます。「remarks(発言)」は「withdraw(撤回する)」とともに使われることが多いので、合わせて覚えましょう。

「withdraw」の類義語

(画像:Unsplash

「withdraw」に似た言葉として「pull」と「quit」が挙げられます。 それぞれの単語の意味や使い方、「withdraw」とのニュアンスの違いを説明します。知っておくと表現の幅が広がるので、「withdraw」と一緒に「pull」と「quit」も覚えましょう。

「pull」

「pull」も「withdraw」も「引く」という意味がありますが、微妙なニュアンスの違いがあります。 ・I pull a curtain and break it. (カーテンを引いて破く。) ・I withdraw a curtain and block off the light. (カーテンを引いて光を遮る。) 前者では力を込めてカーテンを引いています。一方、後者ではカーテンをすべるように引いています。このように「pull」と「withdraw」では力の入れ具合が異なるのです。

「quit」

「quit」も「withdraw」も「辞める」という意味がありますが、微妙なニュアンスの違いがあります。 ・I quit my job. (私は仕事を辞める。) ・I withdraw from my job. (私は仕事を辞める。) 前者では自発的に仕事を辞めています。一方、後者ではやむをえない事情で仕事を辞めています。このように「withdraw」と「quit」では自発的に辞めるかどうかの違いがあります。ちなみに、「withdraw from A」で「Aを辞める」と言う表現になります。