さながらの意味と漢字表記

(画像:Unsplash

ビジネス文章でもプライベートの文章でも「さながら」を使うシーンは多いですよね。 特に何も考えず「さながら」を使っているという方も少なくありませんが、特にビジネスシーンで使うなら正確な意味を知っておくことが大切です。 間違った使い方をしていると、周りの人から指摘されてしまうかもしれません。 ここからは「さながら」の基本的な意味と漢字表記について、解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

さながらの意味は「非常に類似している」

もともと「さながら」は、二つの物事が非常によく似ている、という意味合いで使われる言葉です。 例えば「本番さながらの練習」と言う場合、練習が本番と非常に似ているため「さながら」を使い練習が本番そっくりであるさまを表現しています。このように物事が何かと似ていることを指して使うのが、本来の意味に沿った使い方です。 また、古文に多い用法ですが「さながら」には「そのまま、同様の状態で」、「そっくり全部、全て」とさらに追加で二つの意味があります。 「さながら」の意味を考える際にはどの用法で使われているのか、考えるようにするとよいでしょう。

さながらの漢字表記は「宛ら」

さながらを感じで表現すると「宛ら」となりますが、意味が大きく変わるわけではありません。 もともと「宛」という漢字自体が「そっくりそのまま、あたかも」と言う意味を持っているため、ひらがなで表記しても、漢字で表記しても大きな違いは無いと言えるでしょう。 しかし「さながら」の漢字を知識として知っている人は多くありませんので、分かりやすさが求められるビジネスシーンでは、ひらがなの「宛ら」を使うのが無難です。

さながらの正しい使い方と例文3つ

(画像:Unsplash

「さながら」は簡潔に二つの物事の似ているところを指摘できる便利な言葉ですが、使い方を間違えると恥ずかしいですよね。 特にビジネス文章で誤った使い方をしてしまうと、文章力に問題があるとして評価が悪くなってしまう可能性もあります。 ここからは「さながら」を使うべきシーンや正しい用法について例文付きで解説していきますので、ビジネス文章を書く機会のある方はぜひチェックしてください。