2月24日から活動再開した徳井義実

吉本興業はチュートリアルの徳井義実が2月24日付で芸能活動に復帰することを発表しました。徳井義実は税金の無申告発覚がきっかけで謹慎していましたが、一連の騒動はどのような経緯だったのでしょうか?

2019年に税金の無申告が発覚

2019年10月徳井義実は個人事務所の税金を申告していなかったことが発覚しました。これは一部メディアの報道で明かされました。その総額は約1億2,000万円で、うち申告漏れは約1億円、所得隠しが約2,000万円でした。所得隠しは個人事務所の経費と計上されていた費用が認められなかったものです。 これらの申告漏れと所得隠しは2018年まで7年間行われていました。徳井義実は追徴課税3,400万円をすでに納税しています。

発覚後活動を自粛

徳井義実の税金無申告はFNNの取材で明らかとなり、各メディアが続いて報道していきました。徳井義美は2019年10月23日に会見を開いて無申告を認めるとともに、26日付で芸能活動の自粛を発表しました。 自粛にあたってNHKドラマ「いだてん」の他MCを務めていた複数のレギュラー番組を降板しています。自粛期間中はほぼ自宅謹慎していたようです。