準備を表す英語は3種類

「準備」を表す英語表現には、それぞれニュアンスの異なる3種類の単語があります。日本語と違い、シチュエーションに合った単語を使わないと場合によっては相手に正確な情報を伝えることができません。今回は日常会話で頻繁に使う3種類の「準備」について、さまざまな使い方や例文もあわせて解説していきます。

preparation(動詞はprepare)

「preparation」は”準備する”を表す動詞「prepare」の名詞形で、場合によって複数形「preparations」と表現されることもある単語です。 ・I'm busy in preparation for the exam. (私は試験準備で忙しい) ・Preparations is important. (準備は重要です) 「preparation」は、食事や旅行、会議や緊急時など”何かのために準備すること”を意味する名詞で、”支度する”や”備える”、”用意する”と訳されることもあります。1人で準備できる物事に対して使われることが多い単語です。

arrangement(動詞はarrange)

「arrangement」は”準備する”を表す動詞「arrange」の名詞形で、基本的に複数形「arrangements」で使います。 ・I did all the arrangements for her birthday party. (私は彼女の誕生日会のためにすべてを準備した) 「arrangement」は、誕生日や結婚パーティー、納品や送迎など”先に予定されている出来事や物事に対して準備すること”を意味する名詞です。場合によって”手配する”と訳されることもあり、ビジネスシーンでもよく使われます。”誰かのために”や”誰かと”という、1人ではないニュアンスが含まれています。

readyは「準備」ができている状況を表す形容詞

「ready」は「準備ができている」を意味する形容詞です。スポーツなどでよく耳にする「Ready, go!(位置について、用意ドン!)」で知っている方もいるのではないでしょうか? ・I'm ready to go. (出かける準備はできている) ・I'm ready to get marry with you. (結婚する覚悟ができている) 「ready」は仕事などへの外出、夕食やテスト、また心の準備などができている状態を表すときに使います。心理的な状態に対して使う場合には“覚悟ができている”と訳されることもあり、「すぐに行動に移せる状態」であるニュアンスが含まれています。