息を呑むの意味は「驚いて息を止める」

「息を呑む」は「驚いて息を止める」という意味です。 「呑む」には「出そうとしたものを押しとどめる」という意味があります。あまりの驚きのために、吐き出すべき息を止めてしまった、というニュアンスです。 実際には「驚きのあまり実際に息が止まる」というよりも、「息が止まりそうになるくらい驚いた」という意味合いで使われる場合がほとんどです。

息を呑むの使い方や例文

続いて、「息を呑む」の使い方を例文を用いて説明します。 「息を呑む」は感動や感嘆を表現する時に積極的に使用されます。どのような驚きに対して使う言葉なのかということを、例文を見ながら確認していきましょう。

例文①美しさに息を呑む

「息を呑む」は美しさに対して最もよく使われます。 ・彼女のウェディングドレス姿のあまりの美しさに息を呑んだ。 ・早朝の富士山の荘厳な美しさに思わず息を呑んだ。 上記の例文は「美しすぎるあまり、呼吸を忘れてしまうほど驚く」というニュアンスです。1つ目の例文のように人物に対しても使うことができますが、2つ目のように自然の雄大さや壮大さに使われることがほとんどです。

例文②息を呑むような

「息を呑むような」という言い回しでもしばしば使用されます。 ・息を呑むような華麗な包丁さばきに、周りはすっかり見とれてしまった。 ・息を呑むような光景に出くわし、足がすくんでしまった。 「息を呑むような」は感動・感嘆に対してよく使われる表現だと前述しましたが、2つ目の例文のようにネガティブな驚きに対しても使うこともあります。事故現場に出くわしてしまったというように、予想外の出来事に非常に驚いたというニュアンスが含まれています。