招聘とは

招聘

招聘(画像:Unsplash

スポーツの国際大会の際に日本代表選手を集める時や、研究機関が研究参加者を集める時などに使われる「招聘」という言葉は、よく聞くものの言葉の使い方や定義を正しく理解している方は少ないと思います。 細かい用法を見る前に、まずこの見出しでは「招聘」という言葉の読み方や意味について説明します。

招聘の読み方は「しょうへい」

招聘は「しょうへい」と読みます。 「招」は音読みでは「しょう(せい)」、訓読みでは「まねく」と読みます。また「聘」は音読みでは「へい」訓読みでは「めす(召す)」と読みます。 どちらも人を自分のところに来るように指示をするニュアンスがあります。つまり「招聘」には主体者が必要に応じて、来て欲しい人を自分のところに来るように指示することを意味しています。

招聘の意味は「礼儀正しく人を招く」

「招聘」は「礼儀正しく人を招く」という意味ですが、もう少し意味を明確に理解する必要があります。 「聘」は人を「招く」という意味ですが、「招」には「目上の人が目下の人を呼び寄せる」というニュアンスが含まれるため、「主体者」と「呼び寄せられる人」の力関係が明確に定義されています。 こうした点から、「招聘」という場合は「目上の人が、目下の人に待遇や地位を保証して招くこと」という意味になります。

招聘の英語は「invite」

英語

英語(画像:Unsplash

招聘を英語にすると「invite」になります。 ・The committee was established by inviting experts. (専門家を招聘して委員会を設立した。) 例文では「inviting experts」で「専門家を招聘することで」という意味です。また「invite」は例文のように「招聘する」という意味の他にも、単純に「招待する」「招く」という意味でも使えます。