蒙昧(もうまい)の意味や使い方、英語表現を紹介!蒙昧(もうまい)と「浅学」「迷妄」の違いも解説!

ビジネス用語

2019年5月9日

「蒙昧(もうまい)」は「知識がなく物事の道理を知らないこと」という意味の言葉です。今回ビジキャリでは「蒙昧」の意味や読み方、例文を用いた実践的な使い方について詳しく説明します。「浅学」「迷妄」をはじめとした類語との違いも解説しているので、ぜひご一読ください。

蒙昧の読み方は「もうまい」

「蒙昧」は「もうまい」と読む熟語です。 それぞれの漢字の読み方は、「蒙」は「モウ」「こうむる」、「昧」は「マイ」「くらい」となります。カタカナ表記の読み方が音読みなので、「もうまい」はそれぞれの漢字の音読みを合わせたものになっています。

蒙昧の意味は「知識がなく物事の道理を知らないこと」

蒙昧の意味

「蒙昧」の意味は「知識がなく物事の道理を知らないこと」です。 それぞれの漢字の意味は、「蒙」は「覆い隠す」「道理を知らない」「こうむる」「身に受ける」で、「昧」は「かすかにくらい」「道理を理解していない」となります。 どちらの漢字にも「道理を知らない」という意味があり、「蒙昧」は「知識がなく物事の道理を知らないこと」という意味になっています。

蒙昧(もうまい)の類語

蒙昧の類語

「蒙昧」の意味は「知識がなく物事の道理を知らないこと」と紹介しました。 ここからは「蒙昧」と意味が似ている類語を4つ紹介します。それぞれ、「蒙昧」と意味が似ていますが、ニュアンスが異なる部分もあります。この見出しで意味が似ている点と異なる点を理解して、正しく使えるようにしましょう。

蒙昧と道理に暗いの違い

「蒙昧」と「道理に暗い」の違いは、「判断」というニュアンスがあるかどうかです。 「道理に暗い」は「人としての正しい道を知らない」「常識がない」「正しい判断が下せない」という意味です。つまり「道理を知らない」だけでなく、「正しい判断ができない」という意味があります。 「蒙昧」の場合は「知識がない」「道理(正しい考え方・常識)を知らない」という意味で、「判断力」という意味はありません。

蒙昧と浅学の違い

「蒙昧」と「浅学」の違いは、「学問」や「知識」に意味が限定されるかどうかです。 「浅学」の意味は、「学問や知識が少なく、未熟なこと」という意味です。ここでは学校で教わるような学問や、その他の知識の量とその少なさから「未熟であること」を意味しています。 「蒙昧」の場合は知識量の他に「道理」に関する意味があり、「未熟」というニュアンスは含まれないので区別が必要になります。

蒙昧と無知の違い

「蒙昧」と「無知」の違いは、「考える力」という意味があるかどうかです。 「無知」の意味は、「知識がないこと」「知らないこと」「知恵(考える力)が無いこと」という意味です。つまり「知識の有無」に加えて、「考える能力」という意味があります。 「蒙昧」の場合は「知識がない」「道理を知らない」という意味で、「考える力」に関する意味はないので2つの言葉は使い分けが必要になります。

蒙昧と迷妄の違い

「蒙昧」と「迷妄」の違いは、「思い込み」や「迷い」という意味があるかどうかです。 「迷妄」の意味は「誤った事実を真実だと思いこむこと」「思い込みによって心が迷っていること」という意味です。つまり「事実誤認」と「心の迷い」が「迷妄」の意味です。 「蒙昧」は「知識がない」「道理を知らない」という意味で、「事実誤認」「迷い」という意味はどちらも含みませんので、区別しておきましょう。

蒙昧さ(もうまいさ)の英語表現は「ignorance」「unenlightned」

蒙昧さの英語表現

「蒙昧さ」の英語表現は「ignorance」「unenlightned」です。 ・She approached him in the guise of ignorance. (彼女は蒙昧さを装って、彼に近づいた。) 「ignorance」の意味は「無知」「無学」です。「unenlightned」は「真相を知らない」という意味なので、厳密には「迷妄」の方が意味が近くなります。

蒙昧(もうまい)の使い方と例文

蒙昧の使い方と例文

最後に「蒙昧」を使った表現を3つ紹介します。 ここでは「無知蒙昧な時代」「蒙昧主義」「蒙昧な人」という表現を紹介します。それぞれの表現について例文も紹介しています。「知識がなく物事の道理を知らない」という意味を確認しながら、読み進めてみてください。

例文①無知蒙昧な時代

1つ目は「無知蒙昧な時代」という表現です。 ・戦争やテロが頻発している中東は、無知蒙昧な時代にあるといえる。 「無知蒙昧な時代」とは「戦争が頻発したり、疫病が蔓延するなどで社会情勢が不安定な時代」という意味で、「暗黒時代」とも言い換えられます。例文では、情勢が安定しない中東地域の様子を見て、現在「無知蒙昧な時代」の真っ直中にあることを表現しています。

例文②蒙昧主義

2つ目は「蒙昧主義」という表現です。 ・彼は自分のプライベートを明かそうとしない蒙昧主義な人だ。 「蒙昧主義」には「意識的に曖昧な言い方をしたり、問題を明確にしない態度を取ること」「啓蒙されるのを避けるために、あえて知識を得ようとしない態度」という2つの意味があります。前者の意味は「秘密主義」と言い換えることができます。それぞれ意味が全く異なるので、しっかり区別しておきましょう。

例文③蒙昧な人

3つ目は、「蒙昧な人」という表現です。 ・彼女は必要な知識や情報を得ようとしないので、蒙昧な人と言われてもおかしくない。 「蒙昧な人」とは「知識がない人」「道理をわきまえていない人」という意味です。例文では自分の仕事などで必要とされる知識や最新情報などを積極的に取りに行こうとしない彼女の様子を見て「物事を知らない、道理を知らない人」と言われてもおかしくない事を表現しています。

まとめ

まとめ

「蒙昧」とは「知識がなく物事の道理を知らないこと」という意味です。 この記事では「蒙昧」を使った様々な表現や、類語を紹介してきました。特に類語については「知識がない」という意味は似ているものの、それぞれ他のニュアンスがあることで意味が変わっているので、正しく使い分けられるようにしておきましょう。


関連記事