保守党の勝利でブレグジットがほぼ確実に

イギリスのボリスジョンソン首相は2020年1月末までのブレグジット(イギリスのEU離脱)を公約していましたが、12月12日の総選挙で与党の保守党が勝利して離脱をほぼ確実にしました。 12月20日には下院が離脱協定案の関連法案を可決し、クリスマス休会明けの1月9日に法案全体の承認手続きが完了する予定です。 2016年6月に国民投票でEU離脱が支持されて以降離脱手続きが進められず混迷が続きましたが、ようやく混迷に終止符が打たれそうです。

期限は2020年1月

ボリスジョンソン首相が公約している2020年1月31日の離脱期限は欧州理事会の決定によるものです。 2019年10月にボリスジョンソン首相はEUは新しい離脱協定案をまとめましたが、イギリス議会はこの案を認めませんでした。そこで2019年10月末期限に離脱が間に合わなくなったイギリス政府の求めでEUは3か月の延期を認めました。 今回離脱協定関連法案が可決され1月末までのEU離脱が確定的となりました。

スコットランドはEU離脱に反対の姿勢

スコットランドは2016年の国民投票でEU残留派が6割を占めた地域です。 スコットランド自治政府首相のニコラスタージョン氏もイギリスがEUを離脱すればスコットランドはイギリスから独立してEUへの加盟すると主張しています。詳細を以下で見てみます。