上司からのパワハラが原因で休職

電子ピアノやアコースティックギターで有名な楽器メーカーヤマハにおいて、パワハラを苦にした30歳代課長職の男性が自殺しました。故人は昨年4月に課長職に昇進したばかりです。 その頃から50歳代執行役員の男性と仕事を共にする機会が増えていますが、叱責されることも増え11月からは休職していました。その後1月に自殺が発覚し弁護士による調査でパワハラであったことが判明しました。

パワハラした上司は3月末で退職

パワハラが認定された50歳代執行役員は退任させられ3月末で退職となっています。依願退職か懲戒退職かは明らかにされていません。一般の例だとパワハラの加害者たる社員に対しては社内規定に基づく懲戒処分が下されます。 重度のパワハラとして免職処分に規定されていれば懲戒退職です。規定されていなければ懲戒処分が下された後、事実上の退職勧告により依願退職となります。