1分でわかる倉持麟太郎

倉持麟太郎とは

  • 1983年生まれ、弁護士法人Nextの代表弁護士
  • 蓮舫参議院議員の二重国籍問題の担当弁護士
  • 政治家の山尾志桜里衆議院議員とのW不倫疑惑が発覚

倉持麟太郎の生い立ちと経歴

フジテレビ系バイキングなどにテレビ出演している横粂勝仁氏(元議員、現在は弁護士)は、「自分より若くエースとして活躍している弁護士」として倉持麟太郎氏を高く評価しています。 W不倫疑惑で一躍有名となった倉持麟太郎氏ですが、経歴や弁護士としての実力はどうだったのでしょうか。話題のイケメン弁護士、倉持麟太郎氏の生い立ちと経歴について解説します。

慶應義塾大学を卒業後弁護士となり弁護士法人を設立

倉持麟太郎氏は1983年東京都渋谷区出身です。慶応義塾大学法学部法律学科を卒業後、2008年に中央大学法科大学院を修めました。中央大学法科大学院といえば、法曹界では東京大学法学部に並ぶ名門です。 2012年に司法修習修了・弁護士登録を果たし、弁護士法人仁平総合法律事務所に所属します。 その後2014年に弁護士事務所を退所し、プロレスラー弁護士としても有名な川邉賢一郎氏など同期の弁護士と3人で弁護士法人Nextを立ち上げます。2017年には代表弁護士に就任しました。

市民と政治を繋ぐ「中二階」やロビイング活動などを行っている

憲法を専門分野とし、母校である慶應義塾大学大学院法務研究科の非常勤講師を務めています。また日本弁護士連合会の憲法問題対策本部の幹事としても活躍しています。 弁護士でありながらも憲法研究者として、政府の政策に対しても物怖じしない毅然とした姿勢で発言する倉持麟太郎氏にはファンもいます。自分自身を「中二階」と称し、市民と政治を繋ぐ架け橋になりたいと語っています。 その政治的思想には発信力も強く、ロビイング活(特定の主張を持った個人が政府の政策に影響を及ぼすことを目的として行う私的な政治活動)も各所で精力的に行っています。