「#検察庁法改正案に抗議します」のツイートで物議を醸す芸能人たち

SNSでハッシュタグ「#検察庁法改正案に抗議します」を付けたツイートが拡散され、アーティストのきゃりーぱみゅぱみゅさんや水野良樹さん、俳優の小泉今日子さんや浅野忠信さんといった芸能人達がこぞって反対運動に参加しました。 普段は政治的発言をしない芸能人が大半だったので、ファンを中心として賛否の反応が殺到し、ほとんど炎上状態となりました。

きゃりーぱみゅぱみゅさんはツイートを消す事態に発展

芸能人の検察庁法反対ツイートに拒否反応を起こした一部のユーザーは激しいバッシングを行いました。特にひどい被害を被ったのはきゃりーぱみゅぱみゅさんでした。彼女は最終的に反対ツイートを削除する事態に追い込まれています。 きゃりーぱみゅぱみゅさんは削除の理由を否定的なコメントが寄せられたからではなく、ファン同士がコメント欄で罵り合うのが悲しくなったからだと語っています。

芸能人やスポーツ選手の政治的発言になぜ批判が集まるか?

検察庁法改正案の騒動では多くの有名人改正に反対する声明を出し、批判が集まりました。海外では芸能人が政治的立場を明らかにするのは一般的ですが、日本では暗黙の了解として政治的発言がタブーとされています。そういった背景から、批判が集まったと考えられています。