1分でわかる湖東記念病院人工呼吸器外し殺人事件

1分でわかる事件の要点

  • 2003年に滋賀県の病院で重病患者が死亡した
  • 病院関係者の犯行が疑われたが、実は冤罪だった
  • 容疑者の看護助手は12年服役後、改めて無罪となった

湖東記念病院で起きた人工呼吸器外し殺人事件の概要

2003年5月に発生した事件です。滋賀県の病院で入院中だった当時72歳の男性患者が心肺停止状態で発見され、看護助手だった西山美香さんの犯行が疑われました。西山美香さんは取り調べで虚偽の自白を引き出され、有罪判決となります。

男性患者が病院内で死亡

2003年5月22日午前4時30分頃、滋賀県にある湖東記念病院の72歳男性が心肺停止しているのが見つかりました。 この時に男性を発見したのが、看護師と助手の西山美香さんでした。2人の報告ですぐに救命活動が行われましたが、午前7時31分に男性の死亡が確認されました。 72歳男性は人工呼吸器が必要な重病患者でした。そのため事件は当初、人工呼吸器が外れていたことに気づかなかった看護師の確認不足による、業務上過失致死として捜査されています。

看護助手だった西山美香さんによる犯行と疑われた

捜査を担当した滋賀県警の東近江警察署(当時は愛知川署)は、業務上過失致死容疑で病院側を調査しました。そのまま1年間が経過した時点で、西山美香さんに疑いの目が向き始めます。 発見者の看護師や西山美香さん、その他事件当時病院で勤務していた関係者は、人工呼吸器が取れた際に異常を示すアラームが鳴っていなかったと証言していました。 アラームには消音ボタンがついているため、東近江警察署は発見者のどちらかが人工呼吸器を外し、死亡事故を装ったと考えたようです。取り調べで西山美香さんが自供したことから、西山美香さんの犯行が濃厚となっていきました。