関東に進出するも撤退

スガキヤは、先程の紹介したとおり東海地域を中心に店舗を持っているチェーン店です。そのため、関東には現在進出していないのですが、以前は関東にも店舗は存在していました。ですが、関東圏での売り上げはあまり伸びなかったため、2006年には撤退しています。 もともと、本拠地である愛知を中心に小規模展開を考えていたため、関東圏まではカバーしきれなかったという話があります。 よって、今後も関東や全国の他の地域でスガキヤが展開する可能性は低いと言えるでしょう。

ラーメンチケットで話題に

スガキヤのラーメンは、一杯320円という破格の安さを実現しています。この安さの秘密は、麺を自社製造していることから始まり、その他のコストをかなり削った結果です。 この企業努力により、多くの人が気軽に安く、ラーメンを食べられるようになっているのです。 そして、ただでさえ安いラーメンに、さらなる安さをもたらすチケットが登場しています。このラーメンチケットは、320円という価格を200円にまで引き下げるものであり、スガキヤ好きの人の間で大変好評になりました。

スガキヤが人件費の高騰などに伴う赤字店舗の閉鎖を行った

(画像:Unsplash

人気ラーメンチェーン店であるスガキヤですが、現在、多くの店舗が閉鎖に追い込まれています。これは赤字続きに加えて、人件費がかなり増加してしまったことによる店舗整理が目的と言われています。 赤字店舗の閉鎖に伴い、他の店舗の人員を増やして収益増加を図ることがスガキヤの目的とされています。スガキヤの店舗は、現時点で約300店舗展開していますが、全盛期が400店舗超だったことを考えると大幅に減少しています。 今後、黒字転換がなされれば店舗も増える可能性はあるのでどうなるかはまだ分からない段階だと言えるでしょう。

スガキヤを取り巻く低価格ラーメン店の競争

(画像:Unsplash

スガキヤは、全国的に見てもかなりの低価格ラーメンを提供している店舗です。また、他の地域にある低価格ラーメンと地域が被らないようにしているため、競合することも少なくなっています。 他の低価格ラーメンとスガキヤは厳しい競争を繰り広げています。続いては低価格ラーメンの事情について説明します。