東大の教授である大澤昇平が「中国人は採用しません」発言

大澤昇平の中国人差別発言騒動

  • 最年少で東大特任准教授になった大澤昇平が人種差別的発言を行った
  • 関係企業が差別発言を問題視し、業務提携の解消や寄付の停止を発表
  • 大澤昇平は謝罪をしたが、責任の所在が曖昧で騒動がいまだに燻っている

【関連記事】有名人による問題発言の記事はこちら

大澤昇平とは

大澤昇平(おおさわしょうへい)は東京大学大学院情報学環に所属する情報工学者です。1987年12月26日生まれの31歳で、2010年に筑波大学を卒業後、東京大学大学院などを経て2019年に東京大学の最年少の特任准教授(非正規の教員)となりました。 大澤昇平はこれまでにブックマークと連携する検索エンジン「netPlant」の開発や、IBM基礎研究所でブロックチェーン事業にも関わっています。まずは大澤昇平について紹介します。

東大教授の傍、株式会社Daisyを経営

大澤昇平は2017年に東京大学大学院工学系の研究科で特任助教(准教授、教員などに次ぐ非正規教員)となった翌年、「株式会社Daisy」を設立して取締役代表に就任しました。 「株式会社Daisy」は社名を冠するブロックチェーンAIプラットフォーム「Daisy」の運営開発を行う会社です。 「Daisy」は資産運用を専門としたAIで、すでに試験運用として株や債権、仮想通貨の取引を24時間自動で行っています。

以前から強い口調で意見を発信していた

大澤昇平は中国人差別で炎上する以前から、Twitter上で賛否のある内容の発言を繰り返していました。ただ一個人の意見として発信するだけでなく、強い口調で断じていたことが問題視されていました。 最初に注目を集めたのは大澤昇平が出演したニュース番組で、フィッシング詐欺への対策で現在は通用しない手法を紹介したことでした。セキュリティ関係者らが発言の撤回を求めたところ、大澤昇平は「中学校からやり直してください」と煽っています。 あるいはP2Pソフトの開発者、故・金子勇を犯罪者と呼んだこともあります。故・金子勇は著作権法違反幇助の嫌疑で裁判にかけられましたが、無罪判決が出ているので犯罪者とは呼べません。