年収650万円の生活を様々な観点から紹介!手取りや住宅ローンや家賃や養育費など解説します!

経済

2019年6月12日

「年収650万円」と聞くと、比較的優雅な生活をしていると想像する人は多いのではないでしょうか。では実際に「年収650万円」の人がどれくらいの手取りなのか、住宅ローンや家賃はどれくらいが妥当なのか、ということにつて考えてみましょう。今回ビジキャリでは「年収650万円」の場合の生活について解説します。

年収650万円の生活

年収650万

年収が650万円あればどの程度の水準の生活ができるのかということは、多くの人が気になるところでしょう。年収650万円というのは決して低い収入額ではありません。しかし、実際に月々の生活に使える金額、貯金に回せる金額はどれくらいなのでしょうか。 ここでは、諸々の費用を加味し上でどのような生活ができるのかについて紹介します。

年収650万円の手取り・税金

年収650万

年収が650万円であっても、所得税や住民税が引かれることを忘れてはいけません。また、住民税は居住地区によって額が異なりますから、その点についても気をつけましょう。 そのように天引きされていくと、手元に残る手取りは100万円ほど減ってしまうと考えられ、500万円程度であると言えるでしょう。

年収650万円の住宅ローンの金額や返済額

年収650万

年収650万円でマイホームを建てる時、住宅ローンを組むならどれくらいの額を借り入れられるかということから考え始めなければなりません。 年収が650万円なら約6,000万円ほど借り入れることができます。しかし、余裕を持って返済できるようにローンを組むようにすることも大切です。ここでは、どのように住宅ローンを組むべきかを紹介します。

年収650万円の場合の家賃の金額

年収650万

家賃は月収の3分の1が理想的です。年収650万円の場合もそれは変わりませんから、約12万円~18万円にとどめておくのがいいでしょう。あまり家賃にばかり意識を向けてしまうと、生活が苦しくなってしまいます。 豊かな生活を送るためには、家賃に給与を使い込みすぎないことも必要です。ここでは、どのように家賃をやりくりしていくのかを紹介します。

年収650万円の人の仕事・職業

年収650万

年収650万円で働く人は大勢いますが、どのような職業に就いているのか気になるという人も多いでしょう。年収650万円を稼ぐのは容易なことではありません。 ここでは、どういった仕事をして、どのような職業に就いて活躍すれば年収650万円を稼ぐことができるのかを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

1/2

続きを読む

関連記事