岡山地底湖行方不明事件の概要

2008年に発生した未解決の行方不明事件です。高知大学のサークルが岡山県指定天然記念物の洞穴に入った際、メンバーの1人が地底湖で溺れて、消息不明となりました。通報を受けた警察は5日間捜索を行いましたが、結局発見できませんでした。

高知大学の洞窟探検部が日咩坂鐘乳穴を訪れた

事件が発覚したのは2008年1月5日です。高知大学の洞窟探検部のメンバー5人は、同日午前中に天然の洞穴の日咩坂鍾乳穴(ひめさかかなちあな)に探険目的で立ち入りました。そして午後2時30分頃、メンバーの1人だった名倉祐樹さんが行方不明になったのです。 4人は身の安全のために引き返し、午後6時15分頃に警察へ通報しました。4人は名倉祐樹さんが地底湖で溺れたあと、見失ったと証言しています。

日咩坂鐘乳穴の地底湖にて名倉祐樹が遊泳

日咩坂鍾乳穴のもっとも深い地点には、水深32mもの大きな地底湖がります。事件が発生した午後2時30分頃、行方不明になった名倉祐樹さんはこの地底湖で遊泳していたそうです。 この遊泳は地底湖の奥の壁にタッチして戻ってくる、というサークルの伝統行事だったとのことです。名倉祐樹さんはこの時、衣服を着たまま遊泳していたと言われています。