2019年3月から始まった抗議デモ

2019年3月31日に香港で「逃亡犯条例」の改正反対の大規模なデモ活動が始まりました。逃亡犯条例では中国本土(台湾を含む)と、その他の地域(香港・マカオ)の間では犯罪者の引き渡しが出来ないことになっています。 しかし、条例が改正すると反共産主義者などが犯罪者として逮捕され、中国本土に引き渡たされることになります。一国二制度を揺るがす条例改正とデモの行く末についてみていきましょう。

最初の目的は逃亡犯条例の改正について

台湾で殺人を犯し香港に逃げ帰った男は、逃亡犯条例が妨げになり台湾へ引き渡すことが出来ませんでした。逃亡犯条例では中国本土と、その他の地域(香港、マカオ)の間では犯罪人の引き渡しが出来ないと定められているからです。 そこで、香港当局は逃亡犯の引き渡しが出来るように逃亡犯条例を改正しようとしたのですが、反対派の激しい抵抗を受けます。 そもそも香港市民の4割程度の人は、共産主義に反対して内地から逃れてきた人たちか、又はその祖先の人です。その人たちが逃亡犯条例の改正で、内地に引き渡されることを恐れデモ活動を始めたのです。

10月には反政府デモとなっている

2018年2月に逃亡犯条例の改正が発表されると、これをきっかけに2019年3月31日に大規模なデモが実施されます。主催者発表で1,2000人が参加したといわれ、更に4月には13万人といわれる人達がデモに参加しました。 林鄭月娥行政庁長官の中止要請にも関わらずデモの勢いは止まらず、10月の中国の建国記念日(国慶節)を迎えた1日には政府庁舎周辺などで抗議デモが実施され警官隊と衝突します。 暴徒化したデモ隊に警察が拳銃を発射し、これがSNS上などで流れたことで香港当局は世界中から非難される事態となります。