「いけ好かない」の意味は「感じが悪く気に入らない、嫌い」

「いけ好かない」とは「感じが悪く気に入らない、嫌い」という意味の慣用句です。日常会話でも時々耳にする言葉で、簡単な意味なのですぐに使いこなせます。 「好かない」という言葉は「好きではない」「好まない」「気に食わない」という意味なのであるのはご存知でしょう。「いけ」の意味は次の見出しで紹介します。

「いけ好かない」の「いけ」は接頭語

「いけ好かない」の「いけ」は、人を卑しんだり罵倒する時に言葉の最初に付けられる「接頭語」です。使用頻度は少ないですが、「いけ好かない」の他にも「いけまじめ」「いけふざける」「いけぞんざいな」のように使われます。 「接頭語」とは言葉の前につける言葉で、もとの言葉の意味を強めるものです。「いけ好かない」も「好まない」とい意味を強調しています。

「いけ好かない」の使い方と例文

「いけ好かない」は「感じが悪く気に入らない、嫌い」という意味の言葉でした。次はここまで紹介した意味を踏まえて「いけ好かない」の使い方を紹介します。 それぞれの使い方について例文も紹介しています。言葉の意味を確認しながら読んでみてください。

例文①いけ好かない人

1つ目の例文は、「いけ好かない人」という表現を紹介します。 ・職場にいけ好かない人がいると、気になって仕事に集中できなくなってしまう。 「いけ好かない人」とは「感じが悪く好き慣れない人」「嫌いな人」という意味です。例文では、職場に好きになれない人がいると仕事に集中できなくなることを表現しています。