啓蒙と普及の違いを解説!

(画像:Unsplash

次に啓蒙と普及の違いはどこにあるのでしょうか? まず、普及の意味を確認しておきましょう。 広く一般に行き渡ること。または活動によってある物事やサービスを世間に行き渡らせること。 となっています。 啓蒙は無知な人間に教示していくことに重きを置いています。 一方で普及は新しいアイデアや物事を世間に広める手段に重きを置いています。 どこを着目しているかという視点の違いがこの2つの単語にはあるんですね。 普及は対象となる相手の知識のレベルをあまり気にしていません。 とにかくその製品やサービスなど対象となる新たな事を皆に知らしめて、一般的なものにするといった考えがあります。

啓蒙は差別用語、不適切用語?

(画像:Unsplash

最初にもお話しましたが、「啓蒙」という用語は差別用語、不適切用語と呼ばれることがあります。 その原因は啓蒙の「蒙」という漢字に原因があります。 「蒙」の字には、相手に対して「無知」だと扱っている意味合いがあります。 またそのことを「愚か」だと思っている意味合いもこの漢字からは確認できます。 そのため「啓蒙」という言葉で表現をすると、どうしても上から他者を見ているようなイメージを相手が感じてしまいます。 その事を快く思わない人はいるため、最近ではこの「啓蒙」という言葉を使わないほうがベターとなってきています。 「啓蒙」という言葉の代用となっているのが「啓発」という言葉です。 最近の書店では「啓発本」という表記で統一がなされているのも、このような背景があるためです。 ただし歴史などの授業では今でも当然のように「啓蒙」という言葉は登場しています。 そのため差別用語といった認識でありませんが、一種の不適切用語になりつつあるといったところが現状です。

啓蒙の語源

ここでは啓蒙の語源を確認していきます。 「啓蒙」の文字の由来を見ていきましょう。 「蒙」は元来「覆いかぶさる」が大元の意味になっています。 この意味から派生するように「暗い」や「無知」また「幼い」といった意味に転じていきました。 また歴史を見ていくと、ヨーロッパのルネサンス時代に「啓蒙主義」という言葉が普及していきます。 その意味は無知な市民に正しい知識を教え込み、道筋を示していくというものでした。 中世ヨーロッパでは当たり前の考え方であり、この事からも分かるように君主の思考は絶対的なものがありました。

啓蒙を英語でなんという?

(画像:Unsplash

ここでは啓蒙の語源を確認していきます。 「啓蒙」の文字の由来を見ていきましょう。 「蒙」は元来「覆いかぶさる」が大元の意味になっています。 この意味から派生するように「暗い」や「無知」また「幼い」といった意味に転じていきました。 また歴史を見ていくと、ヨーロッパのルネサンス時代に「啓蒙主義」という言葉が普及していきます。 その意味は無知な市民に正しい知識を教え込み、道筋を示していくというものでした。 中世ヨーロッパでは当たり前の考え方であり、この事からも分かるように君主の思考は絶対的なものがありました。