啓蒙の意味とは?

(画像:Unsplash

「啓蒙」という言葉を知っていますか? そして読むことが出来ますか? 普段の生活では、あまりお目にかからない漢字ですよね。 ただ文学や歴史が好きな人は意外と知っている言葉であります。 大学や高校の講義なんかでもお目にかかる言葉でありますね。 「啓蒙」とは「けいもう」と呼びます。 高校や大学の授業の中では「啓蒙」と単独で使用されるというよりは、啓蒙主義や啓蒙思想と言ったフレーズで耳にした事と思います。 ヨーロッパの歴史の授業で、この「啓蒙主義」というフレーズを習うからですね。 そのためこの熟語を知らない人は、きっと世界史の授業を寝ていたんでしょうね。 さてそんな啓蒙(けいもう)意味を確認しておきましょう。 <啓蒙> 無知の人を啓発して正しい知識に導くこと。 少し難しい意味ですね。 ちなみに漢字を分解して、意味を見てみましょう。 「啓」は、わからないことを教え導くこと 「蒙」は、愚かであり無知であること といった意味を持ちます。 この啓蒙の「蒙」は少し現代では問題視されるような意味を含んでおります。 そのため、現代においてこの言葉を使う事は不適切であるのではないかという議論も巻き起こっています。 その点に関しても、後程お話していきたいと思っています。 さて今回はそんな「啓蒙」という言葉をピックアップしていきます。

啓蒙の正しい使い方と例文

(画像:Unsplash

啓蒙の正しい使い方を見ていきましょう。 意味のおさらいをもう一度しておきます。 「啓蒙」とは、「まったく何も知らない人に、正しい知識を教えていく」ことです。 このことを聞いても、日常的なシーンではあまりピンときませんよね。 そこでこの言葉を聞き馴染みのある言葉に言いかえる事にしましょう。 その単語とは「セミナー」です。 皆さんも一度は聞いたことがある言葉だと思います。 セミナーではその授業内容によりますが、一般的には専門的な知識を教わるためによく各地で開催されています。 そしてそのセミナーは素晴らしい内容もあれば、胡散臭いと呼ばれても仕方のない内容のものも存在しています。 まさに一長一短です。 そして後者のセミナーの存在ばかりが注目された結果、「セミナー=胡散臭い」という図式が成り立つようになってしまいました。 ですが本来は、知らない人に知識を教え込んでいく事を「啓蒙」といい、悪意的な意味は含まれておりません。 このようなケースが正しい使い方であるため、先生から生徒へ教えることや、また専門家から一般人へ教える行為の事を指して、「啓蒙」という言葉は使用されます。 例文をいくつかあげると 「遊んでばかりいる息子を啓蒙する」 「何事も人に頼ろうとするダメ人間を啓蒙する」 などがあります!

啓蒙の類語は教化 ・ 教育 ・ 啓発

(画像:Unsplash

次に、啓蒙の類語を見ていきます。 教化 ・ 教育 ・ 啓発 が類語にあたります。 この類語を見ても分かるように、教えることがメインになっています。 そして何も知らない相手にしっかりと教えることによって、しっかりとした正しい方向性へ導いていきます。 義務教育である学校が一番イメージしやすいでしょう。

啓蒙と啓発の違いを解説!

(画像:Unsplash

先ほど挙げた中で、啓蒙と啓発はよく似ていると比較されます。 その使い方の違いをみていきます。 啓蒙と啓発、2つの言葉の大まかな意味に関してはそこまでの差異はありません。 ただ厳密に見ると違いは当然あります。 それはどこでしょうか? その違いは、知識に関しての教え方にあります。 答えそのものを教えることが「啓蒙」なります。 啓蒙に関してはあらかじめ答えを教示することで、その教えを導いてきます。 一方で「啓発」の場合はすぐに答えは教えません。 教える段階で、ヒントを与えながら徐々にその核心へと近づけていきます。 このように解法を大事にしてアプローチを含めて教えてく方法が「啓発」になります。 啓発の一部分の漢字である「発」には世間に向けて出していく・外に出していくといった意味合いがあります。 その点が「啓蒙」という言葉と最も大きな違いであり、差別的な意味合いもオブラートに包まれている事が分かります。 そのためもあってか、昔は専門書のことを「啓蒙書」と呼んでいましたが、今ではほとんどの書店コーナーで「啓発本」という書き方に変えられています。