インターネット、SNSが発達した現代ならではの問題

情報社会である現代は、インターネットやSNSでは様々な情報が一瞬にして流れていきます。 良かれと思って人から人へシェアされた内容は驚くほど広範囲に、正誤の検証がされないままにあっと言う間に広がります。 正確な情報であれば瞬時に広がるというのは災害時や緊急時に有効な手立てですが、そこにデマが紛れ込むことはある意味非常に危険です。

情報の取捨選択が求められる

今はテレビやラジオなどのメディア報道だけではなく、インターネットやSNSなど様々な伝達手段があります。 情報洪水とも言えるくらいありとあらゆる方法で情報を得られる反面、その波に溺れないようにするには自己防衛は必須です。 何が正しくて何が誤りなのか、情報に踊らされずに自らの取捨選択による判断が出来るように普段から意識することが重要です。