突如幸福の科学への出家を理由に芸能界を引退

大ヒット映画に立て続けに出演していた清水富美加ですが、突如宗教団体「幸福の科学」への出家が公表されました。 幸福の科学の一員として宗教活動をメインに活動していくことを理由に芸能界を引退し、名前も千眼美子に変えています。当時決定していた仕事も全部キャンセルしたため、進行していた撮影も撮り直しが余儀なくされました。 この自分勝手にも見える突然の出家に、すぐさま非難が殺到したのです。前例のないような事態にファンの方々も悲しみの声を上げていました。

清水富美加(千眼 美子)と幸福の科学

(画像:Unsplash

創価学会と並ぶほどの影響力を持つ新興宗教団体である幸福の科学は、信者の数も創価学会に相当すると言われています。 芸能関係者の信者もいるものの、清水富美加ほどのトップ女優が出家を公言したのは初めてのことです。なぜ突如出家を決めたのでしょうか。事務所との関係や、幸福の科学について解説していきます。

【関連記事】日本の有名な宗教家・深見東州と宗教団体「ワールドメイト」はこちら!

清水富美加は幸福の科学に出家し千眼 美子に改名

芸能活動をしていたころは公表していませんでしたが、実は幼少期から幸福の科学の信者でした。他の宗教団体と同じく、幸福の科学との関係は親の影響によるものだと考えられます。 元から幸福の科学思想に理解を示したいた清水富美加は、その思想の元で芸能活動を始めたのです。芸能界を引退した理由も、理念と現実が合致しなくなったためでした。 幸福の科学は仏教系の団体なので、清水富美加に芸能界の空気が合わなかったのかもしれません。

清水富美加(千眼 美子)はレプロエンターテイメントの対応の悪さなどを主張

引退してすぐに出版した暴露本の中で、所属したいたレプロエンターテイメントのブラックな部分を吐露しています。休みや給与の観点で不満が募っていたようです。 レプロと言えば独立騒動が起きた能年玲奈の件でも、その問題だらけの内情が暴露されていました。宗教的観点からやりたくなかった仕事も、半強制的にやらされたと語っています。 清水富美加自身に独自の宗教的背景があることから公平な判断は難しいものの、事務所のイメージに直結したことは事実です。