アステラス製薬が米オーデンテス・セラピューティクスを買収

アステラスが米製薬会社を買収

  • アステラス製薬が米オーデンテス・セラピューティクスを買収
  • オーデンテス・セラピューティクスは遺伝子治療薬開発に強みを持つ
  • アステラス製薬は遺伝子治療薬分野のリーディングポジション確立を狙う

【関連記事】旭化成がベロキシスを買収。

買収金額は約30億ドル

アステラス製薬によると、買収額は総額約30億ドル(約3200億円)で米国持株子会社アステラスUSホールディングスの100% 子会社である、Asilmar Acquisition Corp.を通じてオーデンス社の株式公開買い付けをおこなう予定です。 買収資金は、ブリッジファイナンスとして既存の融資枠を活用した資金調達を予定しています。

1株60ドルでTOBを行う見込み

アステラス製薬の公式発表によると取得価格は1株60ドルと、オーデンテス社の2019年12月2日の終値(28.61ドル)の110%プレミアム(約2.1倍)となる予定です。 買い付けは米国の独占禁止法の承認と、オーデンテス社の発行済普通株式の50%超が応募されるなどの条件を満たしたのち、2020年の第1暦四半期までに完了させるとしています。

オーデンテス・セラピューティクス

オーデンテス・セラピューティクス社(オーデンス社)は2012年に設立し、本社を米国カリフォルニア州サンフランシスコに構えています。希少神経筋疾患を対象にアデノ随伴ウイルスを用いた遺伝子治療薬の開発に強みを持つバイオテクノロジー企業です。