コンプライアンスとガバナンスの違いは

コンプライアンスとガバナンスは似たような意味を持つため違いがわかりづらいですが、この二つは明確に意味が異なります。 コンプライアンスは法令遵守を意味しガバナンスは法令遵守のための管理体制のことをさします。

コンプライアンスとは企業が法令遵守すること

コンプライアンスとは、企業が経済活動を行うにあたり、憲法で定められた各種法律や規則を守る法令順守のことを意味します。 Compliance(コンプライアンス)を直訳すると追従や応諾という意味がありますが、ビジネスシーンでは法令順守と訳され法律や規則を守ることの他、社会規範や社会的倫理を守るといった広範囲な意味として使われています。

ガバナンスとは法令遵守をさせる管理体制を企業自身が整えること

ガバナンスとは支配するという意味ですがビジネスでは企業統治といわれます。これは、経営のおけるさまざまな法律を守るために社内もしくは社外に管理するための組織や機関を作ることです。 法律に反する行為は企業の社会的な信頼を失い、経営にも大きな支障をきたします。そのため、企業独自で管理する体制を構築し経営の透明化を図っています。