関東を直撃した台風19号によって避難してきたホームレスの受け入れを拒否

2019年10月12日、台風19号「ハギビス」が関東に上陸することを受けて、東京都台東区は区立忍岡小学校に自主避難所を設置していました。 同日、ホームレスの男性2人が避難所を利用するために忍岡小学校へ行ったところ、区職員はこの2人の受け入れを拒否しました。ホームレスの男性は建物の軒下で一晩過ごしたそうです。

住所がないことを理由に受け入れを拒否した

自主避難所では受付で、利用者に住所氏名の記入を実施していました。その受付でホームレスの男性2人が住所不定と申告したところ、区職員は受け入れを拒否しました。避難所の利用は区民が対象だからという理由でした。 台東区は13日に、災害対策で住所不定を想定していなかったとコメントを出しています。今後は対応の改善を検討していくそうです。

ネット上では賛否が分かれている

この台東区の対応にはSNSなどでは賛否が分かれています。 ホームレスの受け入れ拒否は人命軽視であり、行政の対応として容認できない、というのが否定派の主な意見です。 一方、賛成意見の中にはホームレスの受け入れによる混乱や、衛生面の問題を指摘する声が見られました。