ヤフーとLINEはZホールディングスの完全子会社に

11月18日午後5時よりZホールディングスCEOの川邊健太郎氏とLINE株式会社CEOの出澤剛氏が共同で両社の経営統合について記者会見を行いました。 ヤフーとLINEは経営統合によりZホールディングスの100%子会社化することで基本合意しました。 またこれによりLINEは上場を廃止し1株5200円でTOBを行う見込みです。

年末年始で締結を目標に。経営統合は2020年10月を目処

川邊健太郎氏と出澤剛氏の共同会見で契約の締結を2019年の年末から2020年の年始までに行いたいとしました。 また経営統合は様々な審査の関係などから2020年10月目処に行うことを目標としています。 LINEの親会社であるNAVER社は韓国の企業であることから現在の日韓関係の不安を指摘されましたが川邊健太郎氏は現在の日韓関係は統合に大きな影響は出ないと考えていると述べていました。

新生・Zホールディングス

ヤフーとLINEの親会社となる新生・ZホールディングスはソフトバンクグループとNAVERが所有するJVと一般株主によって形成されることとなります。 また川邊健太郎氏と出澤剛氏が共同CEOになることも合わせて発表されました。