1分でわかる生長の家

生長の家

  • 1930年に創始者谷口雅春が神の啓示を受けて設立した
  • 谷口雅春はかつて右翼の巨魁とも呼ばれ政治活動とも関係があった
  • 「生長の家」の衰退といわれるのには、第3代総裁の方向転換がある

生長の家とは

(画像:Unsplash

「生長の家」といえば「右翼の巨魁」と言われたり「オカルト宗教」と揶揄されたりすることから、黒幕的なイメージを持っているかもしれません。 実際にはどんな宗教法人なのか、「生長の家」を知る上で押さえておきたいポイントを紹介します。

1930年に谷口雅春により設立

「生長の家」は創始者の谷口雅春が突然「今起て(たて)」と神啓を受け、「人間は神の子である」という悟りを得ました。その内容を伝えるために月刊誌「生長の家」を1930年3月に創刊したことから始まります。 雑誌の合本である「生命の実相」を読めば「病気が治り、貧乏も逃げていく。」と宣伝し購読者をどんどん増やしていきました。 早稲田大学を中退した谷口雅春の思想には、神道・仏教・キリスト教など諸宗教の教えに加え、哲学や精神分析学、心霊学などを融合したもので「すべての宗教において真理は一つ」と捉えていました。

生長の家総本山

総本山は長崎県西海市の山中にあり、1978年谷口雅春85歳の時に建てられました。龍宮住吉本宮や総本山錬成道場、谷口雅春が神啓を受けた家を復元した「藤棚の家」などがあります。 当初の龍宮住吉本宮の御祭神には、谷口雅春に神啓を与えたとされる住吉大神を、2014年には第3代総裁の谷口雅宣が天之御中主大神、高御産巣日神、神産巣日神を勧請しています。 政治活動の一線から退いた雅春と妻の輝子は晩年を総本山で過ごし、大村湾を見下ろす山頂に二人の墓である谷口家奥津城があります。