項目の英語表現

項目の英語表現

項目の英語表現(画像:Unsplash

日本語では「項目」という一つの単語で表現される言葉も、英語では6種類の英単語がありそれぞれの単語を意味に応じて使い分ける必要があります。 この記事では「項目」に当たる英単語の使い方についても紹介します。まずはこの見出しで基本的な英語表現を押さえておきましょう。

item

英語で「項目」という場合の最も一般的な表現は「item」です。実際の訳し方には「項目」「条目」「種目」「品目」などがあります。 ・Please answer all the questionnaire items. (アンケート項目に全て答えて下さい。) 「item」は広くいろんな内容に対して使うことが出来る単語です。例文のように「アンケート項目」のように使うことも出来ますし、プレゼンの一つ一つの内容・新聞記事などにも使えます。「項目」の英語表現に困った時には「item」を使いましょう。

category

「category」は、同じ特徴ごとに分けられた種類やその区分のことです。訳し方は「カテゴリー」「区分」「種類」や「部門」と訳すことが出来ます。 ・There are many categories of magazines in the world. (世の中にはいろんなカテゴリーの雑誌がある。) 「category」と日本語の「カテゴリー」と全く同じ意味で「種類分け」されたもののことです。例文も様々な種類の雑誌を、類似する情報カテゴリーごとに分けるように言っています。

heading

「heading」は新聞・雑誌・ニュースなどの「タイトル・見出し」のことや「手紙に書かれた住所や日付」のことを言います。 ・Interesting headlines in newspaper are discussed. (新聞記事の面白い見出しが話題になっている。) 「タイトル・見出し」も「手紙に書かれた住所や日付」も、読む物の中で最初に目にするものであることから「head(頭)」が使われています。タイトルの場合は「headline」と書き換えることも出来ます。