1分でわかる舛添要一

舛添要一とは

  • 舛添要一はTV番組にもたびたび出演していた東大卒の国際政治学者
  • 参議院議員になり厚生労働大臣として手腕を発揮
  • 東京都知事に就任するも税金の使い方を誤って都知事を辞任

舛添要一の経歴

舛添要一は、1948年11月29日福岡県北九州市に生まれます。高校までは地元の学校に進学しますが、大学は東京大学法学部に進学します。東大卒の政治家は多数いますが、舛添要一は彼らとは少し違う経歴の持ち主です。 私生活では結婚3回を数えていることも特徴的です。舛添要一とはいったいどんな人物なのでしょうか。

生い立ちや妻

舛添要一は子供の頃、家が全焼したり、中学の時に父親を亡くしたりと、若い頃お金に苦労した生活を送っていました。奨学金を受けて高校を卒業し、大学入学を果たした苦学生でした。 私生活も順風満帆とは言えなかったようです。現在の妻は3人目の結婚相手であり、2人の子どもがいます。最初の結婚相手はフランス人女性、2回目の結婚相手は現在衆議院議員を務める片山さつきでした。 また、愛人遍歴もあり、愛人との間にも何人かの子どもをもうけたとも言われています。

東京大学を卒業後研究者として活動する傍、タレントとしても活躍

舛添要一は、東大法学部卒業後、助手として学部に残り研究者を目指します。奨学金返済が免除されるというのがその理由のようです。大学院を経ず、学士のまま助手になれる人はエリート中のエリートです。 その後、パリ大学やジュネーブ国際研究大学院の客員研究員を歴任し、若手政治学者として「朝まで生テレビ」「サンデープロジェクト」「ビートたけしのTVタックル」などの討論番組に出演します。 東大退官後は、舛添政治経済研究所を設立して独立し、バラエティ番組などにも出演するようになりました。