「エビデンスレベル」

「エビデンス」が含まれる熟語に、「エビデンスレベル」という言葉があります。「エビデンスレベル」は主に医療の研究や臨床試験において用いられる言葉で、「証拠レベル」と言い換えることができます。 「エビデンスレベル」は一般的にアラビア数字で表され、「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」「Ⅳa」「Ⅳb」「Ⅴ」「Ⅵ」の7段階があります。「Ⅵ」はデータに基づかない専門家個人の意見などで、数字が小さいほどよりエビデンスレベルが高く、信頼できる根拠とされています。 「エビデンスレベル」は現状は医療業界でしか使われていない言葉ですが、今後他の業界に広がる可能性も否定できません。「エビデンスレベル」という言葉の意味も知っておくことで、今後使い方が多様化した際にも、スムーズに順応することができるでしょう。

まとめ

(画像:Unsplash

「エビデンス」のビジネスにおける意味や使い方、業界によるニュアンスの違いについて詳しく解説しました。 「エビデンス」はもとの「証拠・根拠」という意味を出発点として、広範囲に使われるようになった言葉です。また、今後他の業界で違った意味で使われる場面も増えてくると予想されます。 「エビデンス」のニュアンスの違いとそもそもの意味を理解し、幅広い使い方に対応できるようになりましょう。