「エビデンス」の意味は「証拠」

(画像:Unsplash

「エビデンス」の意味は「証拠・根拠」です。「エビデンス」はビジネスマンが使うことの多い言葉なので、さまざまなビジネスシーンで耳にすることがあるでしょう。「エビデンス」という言葉の意味を知っておけば、上司からの指示にも戸惑わずにすみます。 「エビデンス」は業界を問わず一般的に使われる言葉ですが、医療や看護、IT業界では他の業界とは少し違った使い方をします。「エビデンス」のニュアンスの違いについては後述します。

「エビデンス」は英語の「evidence」に由来

「エビデンス」はビジネス用語として広まりましたが、もともとは英語の「evidence」に由来しています。英語の「evidence」には、証拠・証言・物証・形跡といった意味があります。「evidence」は受験英語でもあるので、学校で習った記憶がある人も多いでしょう。 「evidence」には「真実や結論を導くための証拠」という抽象的な意味もあれば、「犯罪の証拠」という直接的な意味もあります。 ただし、ビジネス用語として使われる「エビデンス」は英語の「evidence」とは少し異なります。ビジネス用語としての「エビデンス」はもとの英語の「evidence」より幅広い意味で使われることが多いので、注意しましょう。たとえば、会議の根拠資料、発言の理由、議事録や契約書を指して「エビデンス」と表現することがあります。 「エビデンス」の意味を深く理解し、ビジネスマンとして使いこなせるようにしたいですね。「エビデンス」の意味を知ることで、上司からの指示や社内外でのやり取りをスムーズにすることができます。

「エビデンス」の使い方と例文

(画像:Unsplash

ここまで、「エビデンス」の意味と英語の「evidence」に由来する言葉だということを解説しました。続いては、「エビデンス」がビジネス用語として使われる場合の意味や使い方について、より具体的にわかりやすく解説します。 「エビデンス」のニュアンスの違いを意味を知らないと、ビジネスシーンでまごついてしまい、恥をかいてしまいます。「エビデンス」の意味を学び、上司先輩からの指示を的確に理解し、正しく使えるようになりましょう。

「エビデンス」のビジネスでの使い方と例文

「エビデンス」の意味は「証拠・根拠」ですが、実際のビジネスシーンではそこから派生して様々な意味で使われています。 まず、英語の「evidence」よりも幅広い意味で「根拠」として使われます。たとえば、「根拠資料を準備しておいてくれ」と言うときに、「エビデンスを準備しておいてくれ」と言う場合があります。 「エビデンス」を用いた例文は下記の通りです。 ・エビデンスをメールで送ってほしい。 ・今回の決定にともなうエビデンスを整理してまとめ、全体に共有しておいた方がいい。 また、IT業界では社内会議の議事録や顧客との打ち合わせ議事録、顧客との契約書などを「エビデンス」と呼ぶことがあります。IT業界で「エビデンスをとったか」というときは「契約書を受け取ったか」という意味になります。 IT業界における「エビデンス」を用いた例文は下記の通りです。 ・開発の根拠となるエビデンス画像をまとめておきました。