ヤマハ発動機の完全子会社化へ

ヤマハ発動機の代表取締役社長日高祥博(ひだかよしひろ)氏は12日、ヤマハモーターをTOBにより完全子会社化することを発表しました。 このTOBは友好的に行われるもので、ヤマハモーター側も自社のウェブサイトを通じ、株主に対して買い付けへの応募を推奨するコメントを出しています。 ヤマハモーターの取締役会は、本公開買付に賛同する意向を示しており、1株当たりの買い付け価格、及びその他の条件も妥当なものであるとしています。

TOB価格は1株750円

本件TOB買い付け価格は普通株式1株750円で、買い付け期間は、2020年2月13日から同年4月10日(40営業日)までとしています。 この価格はヤマハモーター株式の10日終値508円に対して47.64%高く、同日から過去1ヶ月間の終値の単純平均値に対して39.41%の高値となっています。また、同過去6ヶ月間の終値の単純平均512円に対して46.48%のプレミアムとなります。 ヤマハモーターは本件TOB成立後に上場を廃止し、ヤマハ発動機の組織化に置かれることになります。

TOBによる目的とは?

ヤマハ発動機はヤマハモーターの買収によって期待するシナジーはとして、「グループ内のシームレスな協業体制構築による顧客基盤の拡大」、また「ヤマハモーターグループの経営資源・ノウハウの最大化」「意思決定の簡素化」「投資原資の効率的な配分及び将来キャッシュの安定的な創出」の4つをあげています。