2020年6月にアークランドサカモトがLIXILビバをTOB

ホームセンター業界では2020年6月に業界11位のアークランドサカモトによる業界6位のLIXILビバへのTOBが成立しています。 この両社の統合によってアークランドサカモトは業界5位にまで市場地位を高めることに成功しています。 また、新潟に本拠を構えるアークランドサカモトはLIXILビバの買収によって、市場規模の大きい関東での店舗網の拡大を行い、生き残りを図っています。

市場規模の拡大が見込めず統合などで拡大を目指す

今や大手4社しか生き残ることができないとも言われている成熟・衰退産業です。 2000年以降、市場規模が拡大していないにもかかわらず、各企業が店舗数を拡大してきたことによって、1店舗あたりの売上高が低下傾向にあるホームセンター業界では、その低下し続けている生産性の向上と、大手4位以内に入るために今後も統合による業界再編が続きそうです。