DCMホールディングスが島忠に対しTOBへ

1分で分かるニュースの要点

  • DCMホールディングスが島忠を吸収し、業界トップへ
  • 積極的にM&Aを行うことで成長してきたDCM
  • 今後も業界再編の台風の目となるか

10月2日、ホームセンター業界大手のDCMホールディングスが島忠への友好的TOBを行うことを発表しました。この両社の統合によってDCMホールディングスは再び業界トップの座へと返り咲くことになります。これまでにも積極的にM&Aを行うことで成長してきたDCMホールディングスは市場拡大が望めないホームセンター業界において進む業界再編の台風の目となりそうです。

島忠を吸収することで業界トップを目指すDCMホールディングス

これまでDCMホールディングスはホームセンター首位の地位を維持してきたものの、2019年度の売上高でカインズに業界トップの座を明け渡していました。 10月2日、DCMホールディングスは島忠を株式公開買い付け(TOB)で完全子会社化することを発表し、王者奪還を狙っています。

両社に統合で6000億円規模の売上高へ

2019年度におけるDCMホールディングスの売上高は4300億円で島忠は1400億円であるため、両社の統合が実現することでDCMホールディングスはグループ全体で5700億円の売上をもつことになります。 一方、TOBの対象となった島忠は2016年8月期決算では8.5%だった経常利益率が一貫して低下し続けており、2019年8月には6.2%となるなど、収益性の低下に苦しんでいました。

買い付け価格は1株4,200円

DCMホールディングスによる島忠に対するTOB価格は1株4200円とされており、発表時点の10月2日における島忠の株価は3520円であるため、約20%のプレミアムを乗せた形となります。 また、このTOBではDCMホールディングスと島忠との間で店舗の立地に重複が少なく、相乗効果の早期における実現が期待できるとして島忠も賛同するTOBとなっています。